「キャッシュレス覇権争い」


PayPayが2018年12月14日に開始した「100億円あげちゃうキャンペーン」はスマホ決済市場を狂乱状態に巻き込む発端となりました。
ペイペイ加盟店で商品を購入すれば20%還元、40回に1回は全額還元、ソフトバンクかヤフーモバイルのユーザーなら10回に1回は全額還元。前代未聞の大盤振る舞いにテレビのワイドショー等でも取り上げられ一気に加熱。わずか10日で100億円は蒸発しました。

ペイペイのキャンペーンが起爆剤となり、その後もLINE Payやドコモのd払いも追従し、還元キャンペーン合戦が続いています。au、コンビニ、銀行業界など、異業種からの参入表明も相次ぎ、スマホ決済の覇権争いが今後更に激化していく様相を呈しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です